home > 最新情報 > 協会からのお知らせ > 「平成21年度介護報酬改定に関する要望書」を提出

最新情報

「平成21年度介護報酬改定に関する要望書」を提出


当協会と社団法人日本看護協会、財団法人日本訪問看護振興財団は平成20年7月7日に厚生労働省老健局長に標記要望書を提出したのでお知らせします。

<重点要望>
1. 介護保険対象者の安全・安心な在宅療養生活の継続を実現させるために、訪問看護必要者の適切な把握と、療養継続のための相談・支援が確実に利用できる新たな仕組みを創設すること
2. 医療保険と介護保険における訪問看護の評価の違いをなくし、整合性を持たせるよう改めること
 1)訪問看護費の引き上げ
 2)ターミナルケア加算の算定要件見直しと評価の引き上げ
3. 中重度者の在宅療養生活を支える療養通所介護の充実が図れるよう、利用定員枠を拡大し、サービス提供の実態にあった評価に引き上げること


平成21年度介護報酬改定に関する要望書(PDF)

▲ページトップへ

会員専用ページを開く

ID・パスワードが不明の際は
お問い合わせください。