home > 最新情報 > その他 > 在宅酸素療法における火気の取扱いについて

最新情報

在宅酸素療法における火気の取扱いについて


 標記の件につきまして厚生労働省で、在宅酸素療法を実施している患者居宅で発生した火災による死亡事例が3例追加公表されましたので、お知らせします。

発生年月 場所 年齢(性別) 被害状況 原因(推定含)
平成23年4月 長野県 70代(女) 死亡(焼死) 煙草の不始末
平成23年4月 岡山県 60代(男) 死亡(焼死) 煙草の不始末
平成23年9月 和歌山県 70代(男) 死亡(焼死) (不明:ローソクか)

  厚生労働省からは「在宅酸素療法を受けている患者やその家族等は、酸素吸入時にはたばこを吸わないで下さい。また、酸素濃縮装置等の周辺でのストーブ等の火気の取扱いについては改めて十分にご注意下さい」との注意喚起がされています。訪問看護ステーションの利用者においても、事故等が発生しないよう十分にご注意いただきますようお願い申し上げます。

■厚生労働省ホームページ

在宅酸素療法を実施している患者居宅で発生した火災による死亡事例について(3例追加公表)

在宅酸素療法における火気の取扱いについて

・リーフレット「在宅酸素療法時は、たばこ等の火気の取扱いにご注意下さい。」(PDF:311KB)

▲ページトップへ

会員専用ページを開く

ID・パスワードが不明の際は
お問い合わせください。