home > 最新情報 >協会からのお知らせ > 岩手県-東北地方太平洋沖地 視察レポート

最新情報

岩手県-東北地方太平洋沖地 視察レポート


概要
 岩手県には陸前高田市⇒大船渡市⇒宮古市⇒山田町⇒大槌町⇒釜石市のルートで、訪問看護ステーション6カ所を視察しました。必要な物資等は予め当協会から県訪問看護ステーション連絡協議会に確認し、当協会支援物資と日本看護協会支援物資を併せて届けることができました。
  当協会からは常務理事の上野桂子、事務局次長の宮崎和加子、吉原由美子が向かい、現地では斎藤裕基氏(岩手県訪問看護ステーション連絡協議会会長)、高橋栄子氏(同副会長)にご同行いただき、松原訪問看護ステーション(陸前高田市)、気仙訪問看護ステーション(大船渡市)、メディケア訪問看護ステーション(宮古市)、あゆみ訪問看護ステーション山田(山田町)、訪問看護ステーションふれあいおおつち(大槌町)、新あゆみ訪問看護ステーション(釜石市)を訪問しました。
視察にご同行いただいた一同:右から高橋栄子氏、斎藤裕基氏、事務員の方、上野桂子氏、吉原由美子氏、宮崎和加子氏

訪問看護ステーションの状況
 岩手県では市、町のほぼ全域や一部が津波の被害を受け、市街地が海岸線近くにあり、建物などそのほとんどが流され荒れ野と化す壊滅的な被害がありました。加えて火災が発生したことが被害をさらに甚大なものとしました。視察時は水道や電気などのライフラインの復旧していない地域があり、また、瓦礫処理等も遺体の捜索を行いながらの作業のため進まないという状況でした。物資やガソリンは直後は不足していたものの、現在は深刻な状況ではないということでした。
 県内のステーションのうち4カ所の事務所が津波に流され、視察した中では訪問看護師に死亡者はなかったものの、家族を亡くされた方、家を流された方、利用者については死亡・行方不明の方が多数おり、多大な被害がありました。
  ステーションでは 地震発生直後はケアマネージャーと同行して安否確認を行うなど連携して利用者の支援を行ったとのことでした。比較的被害が少ないステーションでは訪問を再開しており、津波に流されたステーションも4件中3件が新たな事務所を借り訪問を再開するなど、復興に向けて困難な状況の中、活動を続けていました。

 松原訪問看護ステーション(陸前高田市)は、老健施設の中にあり、高台だったため、津波の被害があまりありませんでしたが、壁が崩れる等、地震による被害が大きいようでした。
高台にあるステーションから見える陸前高田の市街は津波による被害が大きい。 老健施設。崩れた壁を修復作業しています。
 

 気仙訪問看護ステーション(大船渡市)は、高台にあるため建物への津波の被害はありませんでした。近隣地域ではライフラインの復旧が遅れており、停電している地域が残っています。
 スタッフの中には訪問中に地震があったため、避難所で夜を過ごすした方がいて、その避難所ではケアの手伝いをしていたということです。また利用者では在宅酸素療法を行っている方が救急車を呼べずに亡くなるという痛ましい被害の報告がありました。近隣の状況としては3月中はヘルパーステーションが再開できなかったようですが、訪問看護ステーションは震災後5日目から活動を再開できたということでした。
気仙訪問看護ステーション

 メディケア訪問看護ステーション(宮古市)では、本人・家族に対し、日頃より災害時の指導を行っていたため、被災直後は家族が積極的に動き、入院の手配等行うことができました。震災後5日目から徒歩で訪問を再開しましたが、5〜10q離れている利用者のところに訪問に行けたのは道路が開通した3週間後だったそうです。
メディケア訪問看護ステーション

 あゆみ訪問看護ステーション山田(山田町)は、津波により、建物や車が流されてしましましたが、4月1日には新たな事務所を借りて、訪問再開の準備をしています。
訪問看護ステーションがあったところ。基礎以外、全て流されてしまいました。
 
流されてしまった事務所の2階からカルテを発見。水に浸かっていないため、比較的きれいな状態で見つけることができました。

 訪問看護ステーションふれあいおおつち(大槌町)は、老健施設の中にあり、高台だったため、施設が避難所になり、訪問看護ステーションのスタッフも震災後3日間は家に帰れず、避難所でボランティアをしたそうです。大槌町は町長をはじめ、保健師等役所の職員も多くが亡くなり、震災後の混乱が大きかったとのことです。
 スタッフの方に津波の時のお話しを伺いしました。津波警報が鳴り、高台へ避難しようとしたが、道路が渋滞しておりなかなか避難ができなかったそうです。車を乗り捨てて逃げ、後ろを振り返ると乗っていた車が津波に流されるところだったという体験を話してくださいました。
津波とガソリンスタンドの火災により全壊してしまった町役場 スタッフの皆さま
 

 新あゆみ訪問看護ステーション(釜石市)は、津波によりステーション事務所が浸水しましたが、新しい事務所を借りて訪問を再開しています。現在では通常の訪問に戻りつつあるそうです。
浸水した事務所 新しい事務所
浸水した事業所から回収したカルテ類。泥を被っている。

 岩手県訪問看護ステーション連絡協議会によると、4件の訪問看護ステーションが津波により全壊もしくは半壊したが、現在では4件中3件の訪問看護ステーションが訪問を再開していました。被災者でもある訪問看護師の方々へ敬意を表するとともに、今後も継続した支援の必要性を強く感じました。

▲ページトップへ

会員専用ページを開く

ID・パスワードが不明の際は
お問い合わせください。