home > 最新情報 > 協会からのお知らせ > 全国訪問看護事業協会が「平成22年度診療報酬改定に関する要望書」を提出

最新情報

全国訪問看護事業協会が「平成22年度診療報酬改定に関する要望書」を提出


全国訪問看護事業協会は平成21年6月17日に、厚生労働省保険局長、医療課長に「平成22年度診療報酬改定に関する要望書」を提出しましたのでお知らせいたします。

                   重点要望事項
1.頻回な訪問看護が必要な重傷者等の在宅療養を支援するため、必要時に確実に訪問看護が提供できるよう、訪問看護基本療養費の週3日の回数制限を撤廃を行うこと。それに伴い、訪問看護管理療養費の算定日数制限を見直すこと。

2.医療保険による訪問看護の安定的なサービス提供を確保するため、医療保険と介護保険における訪問看護の評価の齟齬をなくし、整合性を図ること。

3.退院後の円滑な住宅移行や在宅療養の継続・看取りを支えるため、看護師が主体となって医療的ケアを実施する医療保険適用のショートステイ「在宅療養支援ステーション」(仮称)を創設すること。

4.訪問看護師の人員・人材確保と安定した経営の実現のため、基本療養費の引き上げを図ること。

平成22年度診療報酬改定に関する要望書(全国訪問看護事業協会)

▲ページトップへ

会員専用ページを開く

ID・パスワードが不明の際は
お問い合わせください。